コロナウイルスで頑張っている介護サービス事業者がある!

【スポンサーリンク】

コロナ感染下での介護サービス事業者は?

 今回は、「コロナウイルス」感染対応策で介護事業者が行っている「対策内容」を紹介します。

コロナ感染対策ですが、施設内はもちろんですが
、利用者さん・施設スタッフも「対応心得遵守」と「対策行動」等を実施し感染対策に対応しています。

コロナウイルスと
介護の危機的状況を紹介します!

在宅サービス内容を説明します!

【在宅サービスの通所サービス(デイサービス)】

 短期入所生活介護、訪問介護(ホームヘルパーさん)等のサービスでは、常に感染リスクがあり、スタッフは不安のなかで介護に従事しています。

 また、要介護者者の方々には、介護サービスを受けないと健康で安全な生活ができない人々がいるので、継続が重要になっています。

【現在、感染が広がっている地域での対応内容を紹介します】

 行政指導、感染を恐れてのサービスを中止している事業所も多くあり、リスク回避が問題になっています。結果、介護サービスが受けられないと生活が立ちゆかない人々がいるので、非常に不安な状況に多くの方々がなっています。

【特に怖いことは?】

 自宅での孤立、心身の状態が悪化です。感染者が出たための中止、スタッフが不安で勤務者が揃っていない等の数々の問題の発生です。

【その内容ですが?】

 スタッフの地域の高齢者に感染させてしまう恐怖があり、 在宅サービスでは、一般的には施設サービスのような防護服対応等がないのが現状ですが、デイサービス利用者への自宅訪問、電話での健康状態の確認は継続されなければなりません。令和3年時点

【まだまだあります】

 マスクや消毒液などの衛生資材は多くの事業者で改善しつつありますが当初は不足はしていました。現在は大きく改善されています。令和3年3月時点

厚労省が在宅サービス時の
利用者が気を付ける内容を公開中

内容が分かり易いので?

【厚労省の動画を参考にしてください】(在宅編)

施設サービス

【施設サービスを説明します】

 介護現場感染防止に懸命に頑張っています。過去感染経験から接する消毒、マスク着用等はマニュアルに沿って徹底していますし、感染者がでた場合にそなえては、フロアを完全に分けられる体制の整備しつつあります。

【利用者との密着は避けられない介助での対応方法を紹介します】

 職員は防護服着用は絶対に必要ですが、まだまだ十分な体制は整えられていない事業所が大半なので、本当に大変なんです。

厚労省が施設サービス時
(スタッフ向け)
コロナウイルス対応策を公開中

内容が分かり易いので紹介します。

【厚労省の動画を参考にしてください(施設編)】

相談歳先

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝