高齢者人口

日本の高齢者人口は、今後も増加傾向にあります。2025年には65歳以上の人口が約3,657万人に達し、2042年にはピークの約3,878万人になると予測されています。さらに、2070年には高齢化率が39%に達すると見込まれており、社会全体に大きな影響を与えることが予想されます。