在宅介護リフォーム

在宅介護リフォームは、要支援や要介護状態の方が自宅で安全に生活できるようにするための住宅改修です。これには、段差の解消、手すりの設置、扉の引き戸への変更などが含まれます。介護保険を利用することで、改修費用の一部を補助してもらうことが可能です。このリフォームは、高齢者が自宅で自立した生活を送るために重要な役割を果たします。また、介護者の負担を軽減し、日常生活の安全を向上させることも目的としています。