【高齢者】 安全の為、自宅をバリアフリー化に改善する必要がある!【2/2】

【スポンサーリンク】

自宅の事前リフォームの必要性は高い?

 人生100年時代「加齢」「虚弱化」した場合に備えて、「国の指針を基準」に「安全・安心」な住宅を提案します。

 まずは、自宅の「安全・安心」性をチェックしてください。その後、不安な箇所の早めの「リフォーム」改善をお勧めします。

早めのリフォームが安全・安心を生みます!

高齢期になる前に、自宅で最適な暮らしができるように?

◆早めに改善しませんか?

  1. 住み慣れた家の資産価値をUPの為には?
     高齢者にあった長く暮らせる快適な住まいにリフォームすることが重要です。
  2. 長く健康に暮らす為には?
     安全に安心して、身体的な負担や経済的な負担が少なく、外出や家事に便利で、虚弱化を予防し、健康で快適なくらしができる住まいが重要です。
  3. 自立して自分らし暮らす為には?
     外出、趣味、地域交流を楽しむなど豊かな多様な高齢期のライフスタイルに応じた空間が確保され、地域との連携して自立して自分らしく暮らせる住まいが重要です。
  4. 介護が必要になっても暮らす為には?
     高齢期の生活に必要な住宅性能を確保し、介護が必要になっても軽微な対応により暮らせる住まいが重要です。
  5. 次世代に継承できる良質な住まいの為には?
     長寿に対応して、子供や孫を始めてとして誰にとっても住みやすい社会的資産として次世代に継承できる住まいが重要です。

高齢者向けの、リフォームには国の推奨項目があります!

◆国土交通省の推奨内容を参考にしてください!

  1. 長く健康に暮らせる「住まい」
  2. 自立して自分らしく暮らせる「住まい」
  3. 介護期になっても暮らせる「住まい」
  4. 次世代に継承できる良質な「住まい」

以上の内容が重要になります。

重要な項目資料

(出典:厚労省資料)

シニアリフォームの主な8つのチェック項目がある!

リフォーム時は確認下記の点に注意して、リフォーム工事をしてますか?

◆8つのチェック項目がある!

  1. 温熱環境状況
  2. 外出のしやすさ
  3. トイレ・浴室の利用しやすさ
  4. 日常生活空間の合理化内容
  5. 主要動線上のバリアフリー化
  6. 設備の導入と更新状況
  7. 光・音・匂い・湿度等の状況
  8. 余剰空間の活用内容状況

下記の点に注意して、シニアリフォームをするべきと思う。

 健康で暮らす為には、介護になってもサービスが受けられるようにシニア時代からの対応が重要と思います。早めの準備は大切ですね。

注意項目参考例

(出典:国土交通省)

シニア世代の住宅改善では?

◆上記の注意項目を確認
シニア世代のリフォームは加齢による「将来身体状況」考えねばなりません、高いスキルが必要になります。相談者には、「介護と医療の知識と建築のスキル」が必要です。

 依頼先の選択は、価格だけでなく、その提案内容に介護の時に備えての注意項目内容があるか?重要な問題と思います。

<問い合わせ先>

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝