【在宅介護】福祉用具と住宅改修を介護保険利用で対応!

【スポンサーリンク】

福祉用具利用と介護リフォーム

 在宅での「介護保険」での「初期に利用できる在宅サービス」内容についてご説明させていただきます。
 特に介護保険を活用した、「介護リフォーム」・「福祉用具」等を今回紹介して参ります。また私の介護体験での在宅サービス活用内容も紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

居宅での改修・貸与・販売も介護保険が使える?

「リフォーム・レンタル・購入」

(出典:エイジフリー)

◆パナソニックエイジフリー株式会社の介護ショップを紹介します。
※パナソニックエイジフリーの介護ショップ

介護保険を利用した住宅改修内容とは?

◆介護保険で住宅改修が受けられる。
 要介護・要支援者が自宅で自立した日常生活を送れるようにする為、住宅の手すりの取り付けや段差の解消などを行う住宅改修は、介護保険の対象となるサービスです。

◆事前に市町村窓口への申請が必要です!
 届ける必要があり、審査の結果にて認められます。総額20万円を上限に介護給付が支給され、1戸につき1回が原則であるが、転居した場合、要介護認定が3段階以上上がった場合は再申請が認められます。

 通常は利用者が費用の全額を負担して、市町村に請求(償還払い方式)、一部の市町村では市町村が直接支払う受領委任払い方式を可能にしています。

介護保険利用の福祉用具の購入・レンタル内容は?

◆介護保険利用での用具ですが?
 福祉用具の貸与と販売は、要介護・要支援者が自宅で自立した日常生活を送れるようにする為です。

 福祉用具も介護保険の給付の対象で、貸与の対象となる福祉用具は、歩行器、スロープなどで車いすや特殊寝台(介護ベット)については、要介護者2以上となります。

◆販売の対象となる用具の内容ですが?
簡易浴槽用品や腰掛け便座などで、利用限度額は年間10万円となっていて、要介護1以上が対象です

◆介護では、住宅改修・福祉用具を効果的に利用すると?
 在宅生活が改善します。ぜひ、介護関連事業所に相談して「自分らしい暮らし」ができるようにしてください。

◆福祉用具・レンタル・住宅改修編◆

★★★ここをクリック★★★
※介護用品レンタルと購入を紹介


◆介護リフォーム◆

★★★ここをクリック★★★
※介護保険を利用した介護リフォームを紹介


◆私の介護体験での福祉用具◆

★★★ここをクリック★★★
※在宅復帰に向けて福祉用具を紹介

◆私の介護体験での住宅改修◆

★★★ここをクリック★★★
※退院前の在宅復帰準備を紹介

<問い合わせ先>

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝