介護スタッフをどう守るか?取組方が大切です! 【7/9】

【スポンサーリンク】

介護スタッフの守り方は?

 今回は、「スタッフ(職員)」を「守る」ためにはに対する取り組むべき内容を紹介します。
 責任者の方がハラスメント対応を間違うと、働きやすい環境が維持できないので、介護スタッフを守ることはできません。必要な対策を確実に実行する必要があります。

スタッフへの定期的な認知活動と継続的研修が必要と思います。スタッフを守れない事業は、継続できません。

職員に対して取り組むべきことは?

必要な情報の周知徹底が必要!

職員に必ず周知すること?

  1. 事業者としてのハラスメントに対する基本的な考え方をわかりやすく、適切に伝えることが重要です。
  2. 事業者として整備している未然防止や発生時の対応等のマニュアル、設置している相談窓口などの情報などを伝えます。

契約書や重要事項説明書の具体的な説明方法を指導!

  1. 十分に理解できるように伝えるとともに、特に、ハラスメントに関連した内容をどのように記載しているのか、その背景と目的などについても、的確に伝えることが重要です。
  2.  日々の業務が忙しく、情報の周知に十分な時間を確保できない場合でも 、職員の安全を確保する観点から日々の業務に優先して周知することが重要です。
  3. 資料を配布するだけでなく、基本的には対面で説明を行い、質疑や意見交換を十分に行うことが重要です。
  4.  事業者とての基本的な姿勢や取り組みを職員に伝えることにより、職員が安心して働ける環境であると感じられるようにすることも重要です。

介護保険サービスの業務範囲は?
適切な理解の促進が必要!

職員が理解するべき内容!

理解するべき内容は?

  1. 職員が、介護保険サービスにおいて提供できるサービスの内容や範囲を、適切に理解していること。
  2. どの職員でも、利用者・家族等への対応や説明が同様にできるようにすること。

職員による家族等への対応と説明の重要性!

ハラスメントの未然防止のうえで重要と考えられます!

  1. 職員には、介護保険サービスの仕組みや内容、特に提供できるサービスの範囲を詳しく説明し、理解してもらう必要があります。
  2. 職員には、介護保険サービスの仕組みや内容、特に提供できるサービスの範囲や要件を利用者・家族等への説明の仕方などについて、しっかり学ぶ機会を提供することが必要です。

職員への研修の実施と充実が重要です!

職員への研修実施内容ですが?

  1. 職員を対象としたハラスメントに関する研修を実施することが必要です。
  2. 一過性に終わらせることなく、職員のハラスメントへの意識を喚起するためにも定期的に行っていくことが必要です。
  3. 研修では、まず、ハラスメントは許さないこと及び、ハラスメントから職員自身を守ることが重要であることをしっかりと伝えることが必要です。

未然防止策や対応策は共有するべき!

事業者として統一的な対応をとるためには?

  1. リスク管理の取り組みが必要です。
  2. ハラスメントの取り組みが必要です。
  3. ハラスメント発生時対応フロー・対応体制が必要です。

等を作成し丁寧に説明する必要があります。

発生時の対応フロー・対応体制等を具体的に作成する!

  1. ハラスメントをうけた場合には、自分だけで抱え込まずに、管理者等に報告・相談すること…
  2. 𠮟責を受けた場合にも、自分だけで抱え込まずに、管理者等に報告・相談することも、しっかりと伝えること…

具体的な研修の内容ですが?

基本的な研修項目は?

  1. 契約書や重要事項説明書の利用者への説明のための研修。
  2. 服装や身だしなみとして注意すべきことの研修。
  3. 職員個人の情報提供に関してに関して注意すべきことの研修。
  4. 介護保険制度や契約の内容を超えたサービスは提供できないことと、利用者に説明するための研修。

利用者に対し説明をした後の問題は?

十分に理解されていない場合の対応については?

  1. 利用者・家族等からの苦情、要望又は不満があった場合に、速やかに報告・相談することこと、また、できるだけその出来事を客観的に記録することも必要です。
  2. ハラスメントを受けたと少しでも感じた場合に、速やかに報告・相談することも必要です。
  3. その他、利用者・家族等から理不尽な要求があった場合には適切に断ることも必要です。
  4. その場合には速やかに報告・相談することも必要です。
  5. ハラスメントの事例に関する情報の共有疾病による影響などに関する知識を学ぶための研修を実施することも必要です。

研修だけでは忘れてしまう問題がある!

 ハラスメントに関する基本的事項を記載した持ち運び容易な名刺サイズのカードのようなものを作成するなど、職員が、思い出しやすいツールを準備しておくことも必要です。

研修に参加できなかった職員への対応は?

研修を受けた職員から説明を受ける体制等を整備!

  1. 録画して時間的な余裕があるときに学習するなどの方法により、すべての職員がハラスメントに関する研修を受講できるように配慮することが必要です。
  2. 新入職の職員についてについては、最初の研修プログラムの一つとして、ハラスメントについて知り、学ぶ機会を作ることが重要です。

次回は、職場でのハラスメントに関する
話し合いの場の設置・定期的な開催【9-8】

★★★ここをクリック★★★

※職場でのハラスメントに関する話し合いの場を定期的に開催すべし!【9-8】

【ありがとうございます】


 

 

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝