超高齢化社会状況

超高齢化社会は、65歳以上の高齢者が総人口の21%以上を占める社会を指します。日本は2007年にこの基準を超え、世界で最も高齢者の割合が高い国の一つとなりました。この社会的現象は、医療の進歩や少子化の影響によるもので、経済、労働市場、社会保障制度に多大な影響を及ぼしています。日本のような超高齢化社会では、持続可能な社会システムの構築が重要な課題となっています。