【高齢者の住まい】選択決定前に、希望内容を整理してください!【1/4】

【スポンサーリンク】

高齢者施設の選び方の基本は?

(希望の整理)

 高齢者向け住まいを選ぶ場合、自己の希望内容を事前に整理をしておく必要があります。
 将来どのような「暮らし方」をしたいのか、事前に整理しておかないと、最適な「住まい」を本人も家族も選ぶことができません!「早くから希望を整理することは重要なのです」。

 入居の相談を受けていて、これからどのような暮らし方をしたいのか、明確に決めていない方が多くいらっしゃいます。その場合、業者さんの言いなりで、本当に利用者さんにあっているのか、考えさせられます。

基本的な希望内容の整理項目がある!
(自身の状況(家族状況)を整理しましょう!)

1、自身の状況と環境整理をしてみると?
 年齢、性別、介護認定区分、身体状況、認知症の有無と症状、病歴、医療行為等の有無と内容、趣味、職歴、人生で何を楽しみしているか

2、自身の生活状況を整理してみると?
 希望居住地、住居形態、世帯形態介護サービスの利用状況、通院状況等
(入院、入所中のケース、又は病院・施設名、入院、入所時期と理由、退院・退所予定等)

3、自身の家族の状況を整理してみると?
 配偶者・子供・親族(兄弟姉妹・甥・姪)有無、居住地、主な介護者等

自身と家族の希望内容を考えて整理をしてみると?

1、希望エリアを考えるみる!
 地域の範囲(距離・沿線)移動手段(車・電車・バス等)、移動時間等

2、立地要望を考えるみる!
 利便性環境、土地柄等

3、居室要望を考えるみる!
 広さ、間取り設備、向き(東西南北)、眺望、階数等

4、共用部要望を考えるみる!
 設備雰囲気等

5、サービス要望を考えるみる!
 生活支援介護、医療支援、健康管理、リハビリ、食事、アクティビティ(娯楽関係)等

6、入居時と月額の予算を考えるみる!
 資産額年金額、家族の補助等

7、入居意向を考えるみる!
 本人家族、その他等

8、入居希望時期を考えるみる!
 期限年齢、想定される状況等

9、その他の要望を考えるみる!
 規模雰囲気、気にかかること(事業母体、災害時関連、事故、虐待)等

基本的な相談・検討事項がある!

1、過去の入居検討内容・過去の見学歴を整理してみる!
 時期、問い合わせ資料請求、見学先、検討状況や印象等

2、相談時に事前に決めておくべき内容を整理してみる!

  1. 相談者・家族氏名・住所・連絡先を決める。
  2. 資料送付先:自宅・勤務先・他の家族等への送付を決める。
  3. 電話対応確認電話の可否・希望時間を決める。
  4. 見学先:希望曜日・時間等を決める。

以上が第一段階での基本的な事前の本人(自身)と家族でしておくべき内容の整理項目です。

次回は、シニア世代の自己の周辺状況を事前確認するべきです!
【4-2】

施設側・紹介会社は、客観的事前を確認する!

★★★ここをクリック★★★
※住まい選びには、
自己の周辺状況を事前確認する必要がある!【4-2】

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝