【在宅介護】利用者が多い訪問介護サービスの活用方法は?

【スポンサーリンク】

在宅の訪問介護サービス

(介護保険利用)


今回は、
在宅での「介護保険」の「訪問介護サービス」ついてご説明させていただきます。
 訪問介護サービス「ホームヘルパー」さんが自宅にきてくれて、「介護サービス」を提供してくれます。その内容を詳しく説明させていただきます。

訪問介護の概要

訪問介護の定義

 『訪問介護』とは、1)訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者(要介護者等)の居宅を訪問し、入浴・排泄・食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事等を提供するものを言います。

【用語説明】

1)訪問介護員:介護福祉士、実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者、生活援助従事者研修修了者等を言います。

◆訪問介護のサービス類型(行為は3類型に区分されてます)

  1. 身体介護:利用者の身体に直接接触して行われるサービス等
    (例:入浴介助・排泄介助・食事介助等)
  2. 生活援助:身体介護以外で、利用者が日常生活を営むことを支援するサービス
    (例:調理・洗濯・掃除等)
  3. 通院等の乗降介助:通院等のために乗車又は降車の介助(乗車前・降車後の移動介助等の一連のサービス行為を含みます)

【身体介護と生活援助の比較】

(出典:厚労省)

 

訪問介護の主サービス内容

Ⅰ:介護内容は…

◆体の状態や利用者のご希望に合わせて選定
 介護サービスを提供し、生活の質や自由度を高めつつ、快適な生活を支援することです。

Ⅱ:生活援助内容は…

◆日常生活の不自由さの解消が目的
 自立した生活をサポートし、ご自宅で安心して生活できるように支援をすることです。

利用者の介護度別比較から考えてみると?

◆介護度によって、利用するサービス提供内容が変わる
(介護度が高いほど身体介護のウエイトがアップする)

(出典:厚労省)

訪問介護でも受けられないサービスがある

◆訪問介護員がやらなくても生活に支障ないものは、サービスを受けられません

  1. 家具等の移動
  2. 床のワックスがけ
  3. 修理業務
  4. 草刈り
  5. ペット等の対応

◆利用者以外に対する行為もサービスを受けられません

  1. 家族分の食事
  2. 家族の部屋の掃除・洗濯・家事等
  3. 子供の対応等

◆その他医療行為にあたるものも受けられません

  1.  医療行為的なこと。

介護サービスにかかる費用(自己負担)分!

自己負担はサービスの種類別料金×利用時間+その他(加算)です

◆料金内容を説明します

 1)地域区分によって単位数に違いがありますので、地域で違います。

利用者負担費用
(要介護1~5の方)

(出典:厚労省)

【用語説明】

1)地域区分:地域間の人件費等(サービス提供に要する平均的な費用)を勘案して、介護保険費用の配分方法を調整するために設けられた区分です。1級からその他で全部で8級まであり、1級区分地域が1番高くなります。

自宅訪問なので注意するポイント!

「業者品質の選定も重要です」
利用者とその家族も含めて、対応策を考える必要

◆訪問介護員とのコミュニケーションが大切
 ケアマネジャーと相談して、複数の事業者さんとの比較が大切です。各事業者さんで、微妙に人材品質が違います。各事業者の特徴把握なり、担当の訪問介護員さんとの対話式での相性確認してください。

 事業者比較では、サービス内容・サービス提供内容と費用が明確に説明してくれるか?等も重要な判断材料になります。また、訪問介護員の態度・言葉遣い等も重要な判断材料です。後々で後悔しない為にも?最初の段階で、ケアマネージャーとの十分な相談は重要です。

お住まいの地域での介護サービス検索

【訪問介護事業者リストが厚労省の検索サイト】
…参考にしてください…

★★★ここをクリック★★★
厚生労働省で検索

ありがとうございます

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝