介護保険施設における負担限度額!令和3年8月1日より!【2/2】

【スポンサーリンク】

負担限度額の改正内容ですが?

 今回は、「介護保険施設」での「負担限度額」変更を紹介します。
 これは、在宅で暮らす方と施設で暮らす方との「公平性」を確保する目的もあり、「所得」「預貯金」が高い方は、この改正で負担が重くなるように思います。各行政の判断もありますが?

現在の負担内容ですが!

【介護保険施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・介護医療院)】
やショートステイを利用する方は…

 食事・居住費についたは、低所得の方への助成(補足給付)を行っています。


【用語説明】

 ■補足給付:世帯全員が市町村民税非課税の場合が対象です。

◆令和3年8月からは?

 在宅で暮らす方との食事・居住費に係る公平性や負担能力に応じた負担を図る観点から、一定額以上の収入や預金金額をお持ち方には、食事の負担額の見直しが行われます。 

どのような改正か?

認定用件である預金金額が、以下のとおり変わる?

◆今回の見直しで補足給付の対象外となる方でも?

 預金金額が減少して、認定要件を満たすこととなった場合には、申請により負担軽減の対象になります。

補足給付の預貯金要件の見直し

画像1

(出典:厚生労働省)

◆ 介護保険施設入所者やショートステイ利用者の食費(日額)負担限度額が変わる?

(なお、居住費の負担限度額は、変更はありません)

【食費の負担限度額の見直し】

食事の限度額変更 (3)

(出典:厚生労働省)

  1. 食事の提供に要する平均的な費用の額(基準費用額)は…1,392円➡1,445円(日額)に変わります。
  2. 生活保護受給者や老齢福祉年金受給者(第1段階)負担限度額は、食事・居住費ともに変更はありません

「預貯金等」にはどのようなものが含まれるのか?

◆預貯金等に含まれるものは?

  1. 負債(借入金・住宅ローン等)は、預貯金等の額を差し引いて計算します。
  2. 申請書に預貯金や負債額を記載していただくとともに、下記の「確認方法」に記載の添付書類等を付けていただくこととなります。その後、金融機関等に照合を行います。

預貯金関係の確認方法

画像4

(出典:厚生労働省)

◆預貯金等に含まれないものは?

  1. 預貯金等に含まれないものとしては、生命保険・自動車・腕時計・宝石などの時価評価額の把握が難しい貴金属・絵画・骨董品・家財などがあります。
  2. 不正に受給した場合には、それまでに受けた給付額に加え、最大2倍の加算金(併給額と併せて3倍の額)を納付しないといけない場合がでてきます。

介護保険制度における食事・住居費の負担が重く、
生活が苦しくなる場合が?

負担軽減措置の対象となる場合もある!
(住まいの市区町村に確認)

◆市区町村の確認内容

画像5

(出典:厚生労働省)

<相談受付先>

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝