【介護保険】短期入所生活介護(ショートステイ)の活用方法を知る!

【スポンサーリンク】

ショートステイとは何か?

(短期入所生活介護)

 今回は、在宅での「短期入所生活介護」についてご説明させていただきます。
自宅での家族でのケアが難し時には、短期的に預かってくれるサービスです。

特に、家族介護ができない時には
「精神的」、「肉体的」にも救われるます。サービス内容を知っておくと困った時には相談できる良いサービスです。

短期入所生活介護の概要と基準は?

基本方針内容は?

◆「短期入所生活介護」の事業とは?
  利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、
利用者(要介護者等)が老人短期入所施設、特別養護老人ホーム等に短期間入所し、当該施設において入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、
利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るものであります。

◆介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などが?
  常に介護が必要な方の短期間の入所の受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や機能訓練などを提供しているところもあります。

短期入所生活介護サービスを提供するために必要な職員・設備等…

◆人員基準と設備基準

(出典:厚労省)

ショートステイを利用したい時は!

◆自宅での介護を短期的に避けねべばならない時に利用する方法は?

  1. 普段自宅では?
    ★介護を受けている高齢者が、短期的に介護施設へ入所し生活支援や身体介護、リハビリなどを受けられるサービス。
  2. 介護者の出張や冠婚葬祭等理由又は?
    ★家族の身体的・精神的負担の軽減等の目的等からの利用。
  3. 病院からは?
    ★退院を求められているが、次に入る施設が決まっていない。
  4. 退院後には?
    ★体力的が回復するまで安心な施設でケアをして欲しい。
    特別養護老人ホームの待機に活用している場合があります。

利用できる期間は制限がある!

◆通常は2日から3日ですが?

 1週間等のあります。また、1ケ月に連続は最長30日迄です。やむを得ない事情がある場合は例外もありますので、ケアマネジャーとの相談が必要です。

◆利用者の負担は?

  1. 日常生活費(食費・滞在費・理美容代など)は別途負担する必要があります。
  2. サービス費用は、施設の形態、居室の種類、職員の配置等で異なります。
    (出典:厚労省)

ショートステイを探す場合の検索ネット
(厚労省)

★★★下記をクリック★★★
※厚労省サイトでショートステイを紹介

家族の負担軽減に役立つサービスです


 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝