【在宅介護】介護保険サービス!<在宅介護サービス編>

【スポンサーリンク】

介護保険の在宅介護サービスとは?


  在宅での介護保険サービスでの「多種の在宅サービス」内容と「介護サービス」の利用方法を内容別に説明させていただきます。また、在宅で介護サービスを受ける場合、事前に必要な自宅の「環境整備」等のサービス内容をご紹介させて頂きます。

在宅介護で必要な訪問介護内容(ホームヘルパー)は?

一番利用の多い、訪問介護サービス内容は?

◆訪問介護の内容は?
 ヘルパーや介護福祉士が利用者の住居を訪問して、身体介護や生活支援などを行う介護サービスです。

  • 身体介護、入浴、排せつ、食事、衣服の脱着、起床・就寝などの介助です。
  • 生活援助では掃除、洗濯、調理などの日常生活の援助を行います。

◆「注意してください…」介護給付に認められない内容がある!

  • 来客の応接や利用者の家族の援助など介護利者に関わらない内容、草むしり、ペットの散歩、お掃除、家具の移動など日常生活外の家事は生活援助ではありません。
  • 生活支援サービスを受けるには、一人暮らしか同居家族が障害、疾病、同様のやむを得ない事情はあると言う条件があります。

自宅に来てくれる訪問入浴介護は?

訪問入浴サービスの詳細は?

◆自宅まで、来てくれる訪問入浴介護の内容ですが?
 自宅の浴槽では入浴が困難な要介護者に対して、ホームヘルパーや介護福祉士や看護師さんが移動入浴車などを使って自宅にて入浴の介助を行うサービスです。

◆介護人員は、介護職員2名と看護職員1名が来てくれる!
 入浴前後に体温や血圧などを測定します。全身入浴で40分程度の訪問で実際の入浴時間は10分から15分程度です。

◆ご利用者様の身体状況は?
 利用者の半分以上が、要介護認定で5程度に指定され重度要介護者である場合が多く、サービスの提供には細心の注意が必要な介護サービスになっています。

自宅で医療的な支援をしてくれる訪問看護は?

医療をサポートする訪問看護サービス内容は?

◆病院や訪問看護ステーション内容は?
 看護職員や機能訓練指導員が提供する訪問看護では、主に療養上の介助と診療の補助を行ってくれます。

◆療養上の介護内容ですが?

  1. 医学部管理下における、入浴の介助、食事の援助、排せつの援助などのサービスを提供します。
  2. 診療の補助では、かかりつけの医師の指示の下に、病状の観察、身体の清潔(膀胱洗浄、浣腸、人工肛門管理等)褥瘡の予防や処置、医療機器導入、検査の補助、介護用品の工夫や紹介、点滴の管理などを行ってくれます。
  3. 末期ガンの痛みの緩和内容もサポートしてくれます。
  4. コントロールや人工呼吸器の管理なでの処置を実施します。
  5. 介護保険において実施される訪問看護は、医療保険の適用除外となりますので注意してください。

一番使用される通所サービス(デイサービス)の内容は?

通所(デイサービス)とはどんなサービスか?

◆通所介護の内容ですが?
 送迎バスで施設に通所する要介護者者に対して、介護職員や看護職員が入浴、食事などの介護、各種レクリエーションなどを提供し、生活相談員が日常生活の相談に乗っています。

◆機能訓練指導員のリハビリテーシ内容は?
 実施することで要介護者の心身機能を維持・回復させ、介護に従事する家族をリフレッシュでき、家族の負担の軽減にもなります。

◆通所サービスの人員基準がある!
 事業所の職務との管理との兼務が可能な常勤管理者のほか、生活相談員が1人以上、看護職員1人以上、介護職員が利用者数15人までは1人以上、それ以上のが1人~5人増えるごとに1人追加配置、機能訓練指導員が1人以上です。

◆通所サービスの設備基準がある!
 食堂、機能訓練室、静寂室、相談室、事務室の設備、食堂と機能訓練室の合計が利用定員数に3㎡を乗じた面積以上などになります。

◆通所サービスの運営基準がある!
 適切な介護計画の作成利用者管理台帳(サービス提供、事故、苦情の記録などを記載)、運営規定の決定と利用者への説明、勤務体制の整備、利用者の同意を得た上でのサービス提供です。

短期入所生活介護の内容は?
(ショートステイ)

短期入所生活介護は?

◆短期入所生活介護の内容は?

  1. ショートステイ専用施設や介護老人福祉施設の併設施設などに入所している要介護者に対して、入所、食事、排せつといった介護や各種レクリエーションなどを提供します。
  2. 要介護者の心身機能の維持・回復と家族の負担軽減を図るサービスとなっています。
  3. 利用日数は、利用者のケアプランに基づいて利用者と事業者が協議して決めます。

◆スタッフの人員基準は?

  1. 兼務が可能な常勤管理者と医師が1人以上、生活相談員が利用者100人に対して1人以上です。
  2. 看護職員又は介護職員が利用者3人対して1人以上、栄養士が1人以上、機能訓練指導員が1人以上、調理師とその他の従業員が実情に応じた適当数となっています。

◆建物内の設備基準は?
 居室、医務室、食堂、機能訓練室、調理室、浴室等、洗濯室、汚物処理室、介護材料室の整備、食堂と機能訓練室を合計した大きさ利用定員数に3㎡を乗じた面積以上で、ベット数が原則20床以上になります。

◆運営基準は?
 適切な介護計画の作成、利用者管理台帳(サービス提供、事故、苦情の記録などを記載)、運営規定の決定と利用者への説明、勤務体制の整備、利用者の同意を得た上でのサービス提供、介護、機能訓練、健康管理などです。

在宅の、介護保険利用の「用品・住宅改修編」を紹介

★★★ここをクリック★★★
※介護保険利用「用品・住宅改修編」を紹介

問い合わせ先

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝