【加齢】心身が老い衰えた状態(フレイル)を防止する!「フレイル原因編」【3/4】

【スポンサーリンク】

フレイル(虚弱化)原因

  今回は、高齢者の「加齢」に伴い、「心身が老い衰えた状態」になります。

 この状態から「どのように」過ごすかです。大きくその後の人生がかわりますので、「フレイル原因」を詳しく知ることで、自分に最適な生活スタイルを選択する為、日頃から注意する内容があります。

フレイルになる主な原因ですが?

フレイルと低栄養は大きな関係がある。

◆高齢化が進む日本では?
75歳以上の後期高齢者が要介護状態となる原因に、認知症の前段階である軽度認知障害転倒サルコペニア尿失禁らと並んでフレイルがあげられています。

 フレイルとフレイルの原因でもあるサルコペニアは低栄養との関連が強く、厚生労働省は平成28年7月20日、「平成28年度のモデル事業について 高齢者の低栄養防止・重症化予防等の推進(フレイル対策)」の中で、高齢期の疾病予防・介護予防等の推進として、フレイルに対するモデル事業の概要を示しています。(出典:厚労省)

サルコペニアとは…

◆サルコペニアとは、加齢に伴う筋力の減少、又は老化に伴う筋肉量の減少のことを指します。

画像6

フレイル内容を事前にチェックしてみましょう…

◆すべての回答が左側の結果になるように、定期的な確認が必要…
(出典:厚労省)

画像9

現在行われている具体的な支援内容としては

◆具体的な支援内容ですが?
 低栄養、過体重に対する栄養相談や指導、摂食等の口腔機能低下に関する相談や指導、外出困難者への訪問歯科健診、服用する薬が多い場合の服薬相談や指導などをしています。

 高齢者の課題に応じ、地域包括支援センター、保健センター、訪問看護ステーション、診療所・病院、歯科医院、薬局などから管理栄養士や歯科衛生士、薬剤師、保健師等が相談や訪問指導を実施しています。

◆2040年に向けてフレイル対策が重視される理由は?
 フレイルが要介護状態になる危険が高い状態であると同時に、適切な介入や支援を行うことで健康を維持して、自立した生活を過ごせる状態にできるからです。

フレイルの予防に重要なことは…

◆フレイルの重要性は?
 高齢者に発生しやすいフレイルは、適切に予防すれば日頃の生活にサポートが必要な要介護状態に進まずにすむ可能性があります。

 そのため、フレイルの予防にはフレイルのメカニズム(フレイルサイクル)を良く理解し、下記の資料のように正しい支援方法を行う必要があります。

画像9 画像4

(出典:高齢社会総合研究機構)

フレイル予防の3つの主な(栄養・身体活動・社会参加)内容ですが…

画像5


上記の資料のように、
フレイルの予防にはバランスの良い食事と適度な運動が基本となり、食事の摂り方、運動の行い方を工夫することでフレイルが重症化することを防ぐことができます。

★★★「日頃の生活習慣」が大切です★★★
その内容を紹介します…【4-4】

★★★ここをクリック★★★【4-4】
※【加齢により】
心身が老い衰えた状態(フレイル)を防止する
「生活習慣編」【Ⅳ】

【ありがとうございます】


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝