【介護保険】申請方法と利用できる介護サービス内容【1/2】

【スポンサーリンク】

介護保険の申請と利用方法

 介護保険の申請方法と利用方法についてご紹介します。介護保険を利用するためには、まず要介護認定を受ける必要があります。そのための申請方法や相談先、身体症状について詳しく見ていきましょう。

 介護保険の申請方法

  1. 申請書の提出:
    ・市区町村の窓口で申請書を提出します。申請書は市区町村役場や地域包括支援センターで入手できます。
    ・申請は本人または家族が行うことができますが、指定居宅支援事業者や介護保険施設の介護支援専門員による代行申請も一般的です。

  2. 訪問調査:
    ・市区町村の担当者が自宅を訪問し、要介護者の身体状況を調査します。この調査結果に基づいて一次判定が行われます。

  3. 主治医の意見書:
    ・市区町村が主治医に意見書の作成を依頼します。主治医がいない場合は、市区町村が指定する医師の受診が必要です。

  4. 二次判定:
    ・一次判定の結果と主治医の意見書を基に、介護認定審査会が最終的な判定を行います。

  5. 認定通知:
    ・申請から約1カ月後に要介護認定の通知が郵送されます。認定区分に応じて、介護サービスを利用することができます。

 相談先

・地域包括支援センター:
・市区町村が設置する総合的な相談窓口で、保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員が対応します。

・市区町村の役所の窓口:
・保健福祉や公的介護保険に関する総合的な相談を受け付けています。

・居宅介護支援事業所:
・ケアマネジャーが常駐し、要介護認定を受けた方の相談やケアプランの作成を行います。

 相談内容時の身体症状

介護の相談が必要になるタイミングとしては、以下のような身体症状が見られる場合が挙げられます:

・認知症の進行による自己管理能力や判断能力の低下
・加齢による心身の衰え
・ケガや病気による生活スタイルの変更
・介護者の精神的・肉体的負担の増加

これらの症状が見られた場合は、早めに専門家に相談することが重要です。

介護保険の申請と利用は、適切な手続きを踏むことでスムーズに進めることができます。困ったときは、地域の相談窓口を活用してみてください。

介護認定の取り方について?

介護保険の申請準備はまず自らが行動する!

◆簡単に介護保険サービスを受ける方法がある!
介護保険の認定が必要です。申請窓口は市区町村の『福祉課』になり、自治体によっては、『介護保険課』、『高齢者支援課』などの名称になっています。

 役所以外なら、住まいの近くに1)地域包括支援センター2)居宅介護支援事業所があります。こちらでも対応ができます。まずは、早めに相談にいってください。丁寧に説明で対応をしてくれます。

地域包括支援センター一

1)地域の申請支援先を詳しく説明

★★★下記をクリック★★★
※【高齢者】の両親が心配なら、
地域包括支援センターへ早めに相談すべき。

居宅介護支援事業所

2)行政より紹介される支援先を詳しく説明。

★★★下記をクリック★★★
※【介護保険】は、介護に困った時は
居宅介護支援事業所が相談先になる。

申請に必要な書類は3種類を準備する必要があります!

◆要介護認定申請書は行政のホームページからでも取得が可能ですし、
詳しい内容も記載されている。
役所や地域包括支援センターの窓口で入手できる規定の書類です。現在では、ホームページからのダウンロードもできる自治体が増えています。

◆介護保険被保険者証は高齢者の方は行政より届いている!
65歳の誕生日を迎える前に、市区町村から郵送で送られてくる書証です。
現在はまで健康だという人も将来的に介護サービスを受ける際に必要となってくるものなので、必ず大切に保管するようにしておいてください。
65歳未満の人が申請する場合は、代わりに健康保険書を用意する必要があります。

◆個人番号(マイナンバー)も身分証明書として利用が可能!
個人番号(マイナンバー)と顔写真がある運転免許証又はパスポートなどの身分証明書も必要です。  顔写真入りのマイナンバーがある方は、こちらを使うこともできます。

介護認定の定義を知ると安心する!

(出典:厚労省)

◆『介護保険制度では、寝たきりや痴呆等で常時介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合や、家事や身支度等の日常生活に支援が必要になった状態(要支援状態)になった場合に、介護サービスを受けることができる。』

◆『この要介護状態や要支援状態にあるかどうか、要介護状態にあるとすればどの程度かの判定を行うのが要介護認定であり、保険者である市町村に設置される介護認定審査会で判定される。』としている。

要介護認定と支給限度額の詳しい内容は?
詳しく内容を知ることで、今後の対応がスムーズになる!

◆申請内容項目があります事前に知っておいてください、今後に大いに役立つ!
主治医の意見書を添えて、介護保険証とともに保険者(市町村)に申請、訪問調査:認定調査員が申請者宅を訪ね、74項目の質問項目による基本調査の実施、 一時判定はコンピュータによる判定です。

 二次判定は、介護認定審査会で、一時判定と主治医意見書等をみて、総合的に要介護度を決定し申請者への通知され、認定結果が本人にも通知されます。
主治医の意見書は判定に大きく影響しますので、日頃から付き合いある主治医があると助かります。

介護保険の仕組みを、知っているか、知らないか、今後に大きく影響する!

◆介護保険制度の詳しい仕組を厚労省の資料から学ぶ!
地域包括支援センター及び居宅介護支援事業所を利用して、簡単に申請ができます。必要ば書類等も詳しく説明をしてくれます。
安心してください。

 分からない場合は、地域包括支援センターなり居宅介護支援事業所が申請をしてくれます。「※安心して相談してください。まず、行動しましょう」

(出典:厚労省)

介護認定申請図は分かり易いので事前に知ると申請がスムーズです!

◆介護保険の保険料と給付の流れ、及びサービス業者の関係!

(出典:厚労省)

介護保険サービスの受け方を説明

【介護保険】申請と利用できる介護サービスを内容を説明
「概要」【2-2】

★★★ここをクリック★★★
【介護保険】利用できる「介護サービス」内容

少しは参考になりましたでしょうか?


 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックにて24年以上の介護事業経験を有し、個人の介護体験を活かして、シニア世代及び高齢者が自分らしい生活を送れるよう情報を提供します。介護保険や介護施設、在宅介護の準備に関する情報提供を通じて、超高齢社会の課題に取り組むことを目指しています。