【高齢者】「在宅又は施設」の「住み替え」タイミングが重要です!【2/2】

【スポンサーリンク】

シニア高齢者の住み替え動機は?

  今回は、高齢者の方の「住み替え」タイミング時期について、私なりの意見をご紹介させていただきます。
  まずは、「在宅」での将来設計を考えるのか、「施設」での将来設計を考えるのか?それぞれにメリットとデメリットがありますので、選択には十分な検討「環境・費用等を含めて」が必要です。

高齢者施設での暮らしを考える場合の注意点は?

施設入居を決めた動機例を紹介!

◆主な動機事項を紹介します…あなたは、どうですか?

  1. 1人(単身)の暮らしに不安を感じるようになった。
  2. 家事をするのが負担・やる気がなくなった。
  3. 病気や介護が不安・心配になった。
  4. 子ども・家族に迷惑をかけたくない。

※高齢者施設は大きくは2つの(自立型・介護型)グループ施設に分かれる。

元気(自立)状態での高齢者施設への入居を考える場合は下記の施設が主になります

住宅型有料老人ホーム・詳しくは別に記載しています

★★★ここをクリック★★★
※有料老人ホームを紹介

サービス付き高齢者向け住宅・詳しくは別に記載しています

★★★ここをクリック★★★
※サービス付き高齢者向け住宅を紹介

要介護状態(介護保険サービス)が必要になってからの入居は?
下記の施設が主になる

◆◆◆介護型有老人ホーム・詳しく別に記載しています◆◆◆

★★★ここをクリック★★★
※有料老人ホームを紹介

特別養護老人ホーム・詳しく別に記載しています

★★★ここをクリック★★★
※医療法人と福祉法人の介護施設を紹介

認知症グルーホーム・詳しく別に記載しています

★★★ここをクリック★★★
※認知症グループホームを紹介

在宅(自宅)での暮らしを今後も希望する場合は?
こんな状態で在宅(自宅)での生活を考える。

◆主な在宅(自宅)希望する内容ですが?

  1. 施設での集団生活が苦手な方。
  2. 自宅の近くの友人、知人達と離れたくない方。
  3. 今の家に思い出もあり、住み続けたい方。
  4. 今の生活環境を変えたくない方。

在宅(自宅)を続けて行くためには注意が必要です!
【自立生活を維持する為又は介護なった時に備えて、事前の準備内容を説明】

地域との連携をする・詳しく別に記載しています

★★★ここをクリック★★★
※介護対応の準備を紹介

住まいをを安全・安心に改善をするしています

★★★ここをクリック★★★
※早めに介護リフォームをするべきです…

虚弱高齢者の住まいを考え…
選択判断するチェックリスト表を紹介します!

◆ご自身と家族が一緒になって整理しましょう。

(出典:全国有老人ホーム協会)

厚労省の介護検索サイトを紹介!

詳しく介護サービス内容等を説明されています

◆次のステップ生活を考える参考になる。

  1. 下記の資料は家族で話し合う資料にもなります。
  2. シニア世代になると事前に情報収集をして、将来、親の介護・自分の介護等も考えての早めに準備をすると、何かの時に、慌てることが少なくなります。

★★★ここをクリック★★★
※厚労省検索サイト介護の生活関連情報を紹介

◆私も遠距離介護体験中ですので?
 転倒から入院、退院の準備、在宅準備、施設への入居等を経験をしていますので、少しでも参考になればと記事を掲載させて頂きます。時系列になっていますので分かり易いと思いまので、紹介します。

★★★ここをクリック★★★
※転倒から始まった介護は要介護4で遠距離を紹介

ありがとうございます


 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

パナソニックでの介護事業「創業時より22年以上の経験」と自身の「介護体験」をいかして、第二人生は、広くシニア世代や高齢者の方に、できる限り自分らしく暮らしていただく為に、「介護保険・介護体験」、「介護施設・在宅介護時の準備」方法等の情報交流をすることで、超高齢化社会の課題解決に貢献したいと思っています。ありがとうございます。感謝